Engineer's Notebook

コンピュータ関係のTipsやお役立ち情報などをエンジニアが綴ります

アドセンスレスポンシブ


ABテスト横長

【解決!】VMware Player上のWindows8のネットワークが『制限あり』になって接続できない

投稿日:2014-08-15 更新日:

VMware PlayerにインストールしたWindows 8のネットワークが『制限あり』になって接続できなくなりました。

20140815_seigen.png

どうにか解決できたので、同じ症状に苦しんでいる方は試してみてください。2つの解決方法をご紹介します。

方法1 : ネットワークアダプタをNATからブリッジ接続に変更する

仮想マシン設定の[ハードウェア]タブの[ネットワークアダプタ]をブリッジに設定します(初期状態ではNATになっていると思います)。

20140815_bridge.png
※クリックで拡大します

NATとブリッジの違いはこちらを見てください。
仮想化環境のネットワーク設計 - 仮想化ソフトごとに違う内部ネットワーク:ITpro

仮想マシンを外部に公開しない場合は、NATの方がいいと思いますので、方法2を試してみてください。

 

方法2 : ホストOSのインターネット接続の共有設定をする

仮想マシンのネットワークアダプタをNATにしたい場合は、ホストOSの設定を見直します。

20140815_nat_20140815224635b79.png
※クリックで拡大します

 

ホストOS(下の図はWindows 7のものです)のネットワークと共有センターから接続中のネットワークを選択し、プロパティを表示します。

20140815_01.png
※クリックで拡大します

20140815_02.png

 

次にネットワーク接続のプロパティダイアログの[共有]タブで[ネットワークのほかのユーザーに・・・]にチェックを入れ、VMware Network Adapter VMnet8を選択します。

20140815_03.png

この設定を行った後でゲストOSを再起動すれば、ネットワーク接続できるようになっているはずです。

アドセンス 336x280


アドセンス 336x280


関連コンテンツ

よく一緒に読まれている記事

-仮想PC

Copyright© Engineer's Notebook , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.