Engineer's Notebook

コンピュータ関係のTipsやお役立ち情報などをエンジニアが綴ります

アドセンスレスポンシブ


ABテスト横長

MDK-ARMでgccを使う方法

投稿日:

MDK-ARMでは通常はARMCC5(armcc)やARMCC6(armclang)を使いますが、実はGCCも使うことができます。

無料のMDK-ARM LiteではARMCCで生成できるオブジェクトサイズに制限がありますが、GCCを使えば、そんな制限なしでMDK-ARM Liteを使った開発をすることができます。

 

設定方法

Projectペインからターゲットを右クリックして[Manage Project Items...]をクリックします。

 
[Folders/Extensions]タブの[Use GCC Compiler (GNU) for AMR projects]にチェックを入れます。

Folderには使用するGCCのインストールディレクトリを指定してください。

例えば、6-2017-q2-updateなら

と入力します。

[OK]をクリックし、ダイアログを閉じます。

これでビルド時にGCCが使われるようになります。次にGCCのオプション設定を行います。

 

GCCオプション設定

Projectペインからターゲットを右クリックして[Options for Target ...]をクリックします。

 
[CC]や[Assembler], [Linker]タブにGCCのオプションを設定します。

 
これでMDK-ARMでGCCを使った開発ができるようになります。

アドセンス 336x280


アドセンス 336x280


関連コンテンツ

よく一緒に読まれている記事

-ソフトウェア開発

Copyright© Engineer's Notebook , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.